手縫いかミシンか

この記事をシェアする

最初は買いやすい価格

実際にミシンを購入しようと思ったとき、たくさんの種類の中からどんなミシンを選んだらよいかと迷いますね。
あれこれ見ていると目移りがしてしまいます。
予算が決まっている場合はその範囲で選びますが、ある程度のちゃんとしたミシンが欲しいというときは、自分が今後もミシンをどのくらい使うだろうと考えるのも大事でしょう。
高価なミシンを買っても使わないとなると飾りになってしまいます。
初めてであまりミシンを使ってことがない人は、シンプルで使いやすい価格的には1万円ほどから2万円までのミシンをお勧めします。
安心という理由からも日本製や実績のある有名メーカーのミシンが良いと思います。
シンガー、ブラザー、ジャノメなどミシンの有名メーカーのものでも2万円以下で購入することができます
注意点としてはキルト生地やジーンズなどの厚手でも縫えるかを確認しておくことが大事です。

機能が多い本格的ミシン

最近主流のコンピューターミシンなど本格的高性能ミシンが希望なら10万円前後は必要です。
コンピューターミシンは故障も少なくパソコンやスマホに慣れている人には使いやすいと言えます。
液晶画面には沢山の機能がついていて、エラー表示もあるので操作をマスターしてしまえば大変便利です。
但し電子ミシンよりは高額になります。
電子ミシンは比較的安くなりますが誤操作があっても自分ではわからないので初心者にはもしかしたらコンピューターミシンの方が扱いやすいかもしれません。
ミシンを買ったら今まで捨ててしまうような洋服も、何かにリメイクできるかもと楽しくなりますね。
厚手をすいすい縫えると評判が良いミシンはJUKIなどパワーが求められるのですが高額です。
逆に薄手は難しいのでちゃんと確認してから購入しましょう。