服の部位による使い方

この記事をシェアする

パンツでの足でズック袋

ジーンズの上部でバッグを作ることができましたが足の部分ではシューズ入れが作れます。
大きさにもよりますが子供服で特別かわいいものがあって使いたい場合は、小さめなら両足分を使って作りましょう。
この場合は縫い目を解いてサイズを大きくしてから作ることになりますが大きい場合はそのままで充分シューズケースになります。
ジーンズなどのパンツの足部分は大人のパンツは、サイズ的にも形も靴入れにはぴったりで、ほとんど加工が不要です。
基本的にパンツはジーンズに限らず利用できますから他のパンツやあればカラーデニムのパンツと組み合わせるとオシャレなシューズ袋が作れますね。
裾より上の太めの部分を30cmから40cmくらいを確保すればできます。

フリースの袖で巾着

フリース素材は伸縮性もあるので色々使えます。
子供用袋というのでなくってもネッグウォーマーやレッグウォーマーなどやにも変身できますね。
子供が学校に持っていくものではお弁当袋などの巾着やマグカップ入れができます。
袖の上部の大きめなところで切って、下はそのまま合わせて直線縫い。
上はゴムを通すので折り目をつけて縫えばもうそのまま袋になります。
お弁当入れの場合は下にマチをつけて立体的にしてお弁当が横にならないように大きさを調整します。
小学校では携帯電話の持ち込みは禁止ですが遠距離や状況によっては容認されています。
フリースはモバイルケースにもなります。
また湯たんぽは省エネグッズとしても人気ですから湯たんぽ袋を保温性もあるフリースで作ると良いですね。