睡眠時無呼吸症候群は治せる?

原因は一つだけではない?無呼吸症候群に関わるあれこれを徹底分析

無呼吸症候群になる人はどのような人が多いのか

寝ている間に症状が出るこの病気は、自分では中々気付きにくい病気です。
首周りの脂肪がつきすぎると、仰向けになった時に上気道がふさがってしまう場合があります。ですのでこの症状が出る方には肥満の方が多いとされています。飲みすぎ食べすぎによる生活習慣病が最大の原因といえます。
自覚症状として分かりやすいのは、日中に眠気が非常に強いことや以前より集中していられないなどの症状です。それぞれ個人差はありますが、睡眠中に無呼吸状態になるため体内の酸素不足が起こります。眠っている状態とは違うので、睡眠不足の状態になり、集中力も低下します。眠っているのに疲れが取れない状態が数週間続くようでしたら、一度病院で検査されることをお勧めします。ご家族の方で気になる症状がおありなら、一度寝ている様子をじっくりと観察してみてください。意外と恐ろしい病気が隠れている場合があるので、注意が必要です。
とはいえ、日々忙しく生活していてとても寝ている時まで注意していられないというご家族の方も多いでしょう。そういった方々に一番気付いてもらいやすい症状が「いびき」です。ご主人のいびきがうるさくて眠れない、とお悩みの奥様やその逆の場合もあるでしょう。しかしいびきをかいていても毎日はつらつと生活していればともかく、どうも最近顔色が優れないだとかイライラしやすいなどの症状が現れてきたときは要注意です。もしかしたらよく眠れていないのかもしれないので、一度じっくりと寝姿を観察してみてください。

肥満などの生活習慣病によるものが大きい

無呼吸症候群になる人は、肥満の人だけではありません。 顔の骨格や歯並びも関係してきます。首が短い方や小顔の方も注意が必要です。あとは、体型的に男性の方がかかりやすいとされています。 理由としては、男性は上半身に脂肪がつきやすいという特徴があるからです。女性でも閉経後は罹患率が高まるという特徴があります。

無呼吸症候群はどうやって治すのか

無呼吸症候群という症状は、症状が重いか軽いかによって対処方法は様々あります。 寝姿勢を変えるといった簡単なことから減量といった少し時間のかかることなど色々ありますが、治らない症状ではありません。 まずは病院に行って適切な検査を受け、自分に合った治療法を見つけて改善していきましょう。

無呼吸とは違う、睡眠障害について考える

睡眠障害の症状として真っ先に挙げられるのは無呼吸症候群ですが、他にも日中の眠気を引き起こす原因である睡眠障害は存在します。 その代表的なものは、不眠症ではないかと思います。決して他人ごとではなく誰にでも起こりうるこの不眠症という症状について少し考えていきたいと思います。

おすすめリンク

大阪駅から通いやすい矯正歯科

矯正歯科は何度も通う必要があり、通いやすさが大切。大阪の通いやすい矯正歯科をまとめました。

新橋駅から徒歩で通える歯科

都内では公共交通機関の利用が便利です。新橋駅が最寄りの歯科をピックアップしてご案内します。

早くて安い!渋谷で人気の全身脱毛サロンを探そう

コスパ重視で学生やフリーター女子でもすぐに通える!渋谷で人気の全身脱毛サロンとは?

茨木市でおすすめの内科の選び方

土日診療や女医対応など、茨木市であなたに最適な内科の選び方をポイントを絞って解説します。

稲城駅近くの評判の良い歯科医院

稲城駅近くの評判の良い歯科医院!痛みを抑え、歯をなるべく削らない治療を推奨しているので安心。